コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

落ち綿の糸

RAFFY

ヴィンテージのようなムラ感を生み出す、職人が手間暇をかけて紡いだ糸

ダブルワークスのプロダクトの大きな礎となっているのが、落ち綿をブレンドして紡がれた糸「ラフィ」です。この糸は現代的な糸の紡績とは違い、大阪のメーカーにて、職人が全工程に手間暇をかけて作られています。

ラフィは繊維の長いコットンに、糸を製造する工程で削ぎ落とされた綿をブレンドしたもの。つまり落ち綿を再利用した、サステナブルな糸でもあります。

落ち綿には短い繊維が多く含まれており、糸にすると、自然と均一ではないムラ感が生まれます。

この糸を使い、スウェットやTシャツの生地を編み立てていくと、紡績技術が発達していなかった時代のヴィンテージライクなムラ感、味わいあるができるのです。

OPEN END

空紡糸

硬派なハリと、肌触りのいいドライなタッチを生む糸

ヘビーウェイトシリーズの、Tシャツのボディに使用しているコットンの空紡糸。この糸はオープンエンドとも呼ばれます。

糸には大きく分けて、リング糸と空紡糸の2種類があります。これは紡績方法の違いで、リング糸はリング状の精紡機を通って紡がれ、空紡糸は空気の噴射によって糸を引き揃えて紡績しています。

空紡糸は糸の表面が不均一で、適度に空気を含んで膨らみがあります。生地にするとドライな質感となるのが特徴です。

ダブルワークスでは8番手と太い空紡糸を、ヴィンテージの編み機、スタンドウィラーで度詰めに編むことで、硬派なハリと軽快な着心地、そして肌触りのいいドライな天竺ボディを生み出しています。